【ネタバレ】めんまの願いがかなった瞬間2011/07/08 09:29:23

夏の新番組も始まりすっかり遅くなってしまいました。
思えば、「あの日見た花の名前を僕らはまだ知らない」は
なんとなく感想を書きそびれていました。
なんとなく、という表現が正しいかどうかというと、正しくないかも知れません。
書けなかったんだよね。

・・・まあいいや。
とっても納得できた最終回でした。文句なんて、あるわけない。

だけどちょっと待ってよ。
一緒に観てた嫁さんはイマイチ感を漂わしてる・・・なんで?
曰く「何でみんなに見えたの?」
曰く「何であそこまで消えなかったの?」

うがーーーーーー!!
そんなこたぁいいんだよ!

と言ってしまうことは簡単ですが、私見を述べます。

作中語られているめんまの願いは
「じんたんが我慢せず、素直に涙を流すこと」
だったかと思います。
しかし、それだけだったのでしょうか?

めんまが亡くなった10年前はそうだったかも知れません。
でも今は?

10年経ってめんまが超平和バスターズの皆と再会してみると、
昔とは関係が変わっていました。
個人個人は変わっていないんですけどね。
しかも原因はめんま自身なんですよね。
これはいたたまれない。
めんまはみんなが好きなのに。仲良しのみんなが好きなのに。
だから

「超平和バスターズはずっとなかよし」

これがめんまの願いです。
また仲良く遊びたかったんだよ。みんなと話したかったんだよ。
めんまが消え始めたのはじんたんが涙を流したからかもしれない。
でも、めんまがすぐに消えずに残ってたのは、この願いがあったから。
そう信じてます。
めんまがみんなに見えたのもこの願いがあったからだと、そう思う。
めんまは生まれ変わっても超平和バスターズだよと、そう言いたい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zero.asablo.jp/blog/2011/07/08/5947018/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。