今更ながらカンピオーネ!読み始めた。2010/08/21 23:56:48

数年前)だったと思う)にシコルスキー先生のインタビューが
掲載されていた時に、4巻の表紙が載ってて即購入(4巻だけ)したんですが
それっきりになっていたのです。

さすがに4巻から読む気にもなれず、
表紙と挿絵というか、最初の数ページのイラストを視姦しただけで
そのままになっていたのですが、ふと思い立って全巻購入してみました。

これ面白いよ!
最近仕事忙しくて家帰っても PC の電源つけない日も多かったというのに!
通勤・帰宅中はぼけーっとしたかったのに!
気づけば念願の4巻に到達。

・・・しかし、今私は迷っています。
アテナは俺の嫁というべきか、それとも、リリアナは俺の嫁というべきか・・・!
これは難しい問題だ。
とりあえず、4巻読み終わるまで保留としよう。

それにしても、リリアナにも手を出す護堂はマジ王様。
俺も王様になりたい。

カンピオーネ!Ⅳ読み終わったよ・・・って他に書くことねーのかよ。2010/08/22 16:05:26

えーとですね、ワタクシ、正直申し上げますと、
これまで祐理のことちょっとアレだなーなどと、ファンの方に怒られそうな感情を持っていたのですが、
リリアナだけじゃなくアテナの唇まで頂戴してしまう事態に至って、
祐理の言い分がですね、非常によくわかると言いますか。
あれだよ、護堂テメー最低だな!と。

ということで、これまでこの作品でもっとも感情移入できるのって
クラスメイトの男子諸君だったわけですが、
これからは祐理にも感情移入できてしまうようなすばらしいエロさでした。
キスってこんなにエロいんだね!あ、アテナはエロくないですよ?

あ、そうそう、昨日の結論としては、アテナもリリアナも俺の嫁ってことでひとつ・・・。